Interview with Engineer.2

新卒からクラヴィスで活躍している彼女。
流行りのリケジョ!化学を専門に勉強していた大学生から、今では立派なエンジニアになった経緯をお聞きしました!


自己紹介と入社したキッカケなどを教えて下さい。

神谷:大学では、化学を学んでいました。

―― リケジョってやつですね。

神谷:そうですね、世にいうリケジョです。ただ、大学の時は全然プログラミングはしていませんでした。

―― 就職活動ではどんな業界を見ていたんですか?

神谷:就職活動のはじめのうちは、食品系を見ていました。モノを作るということに興味があって、モノづくりが出来て食べるのが大好きだったので、食品系を見ていました。ただ、なかなか難しく、エージェントを利用しました。
その時に、ITというモノがあって「目には見えないけど、モノ作りをしている仕事だよ」と教えていただき、紹介してもらいました。
プログラミングは大学ではやっていなかったのですが、実は小学生の時に授業で簡単なホームページをHTMLで作ったことはあって、すごく楽しかったです。(就職活動の時に)もう1回ITを見て、「こんなのあったっけ!そういえば(好きだった)」って思い出しました(笑)
実際にやってみて、今も楽しいです。

入社してからのお話を聞いてみました!

―― 入社してみて想像と違ったとかギャップのようなことはありましたか?
神谷:あまりなかったですね。最初に感じたままあったかい会社で、誠実に仕事をしているなって印象はずっと変わっていないです。

―― 今も変わっていないのですね、きっと神谷さん自身もしっかりとそうやってきてくれているからでしょうね。
では、研修についてなど、少し思い出しながら教えて下さい。

神谷:入社前は3ヶ月前(1月)から毎月1回クラヴィスに足を運んで、事前にいただいた研修用の冊子を読みながら勉強をして、
恵比寿に来た時に見比べながらお話をしていました。『マインドのすり合わせ』という感じです。
社会人としての心構えやマナーなどプログラミングは全くせず、3ヶ月間は、『社会人として』を勉強しました。

―― 入社後はどのような研修を?

神谷:技術的なお話しを講義形式で聞きました。プログラミング言語というよりは、全体的な工程など「システムってこんな感じで出来るんだよ!」
とか「モノができるまでの流れ」とか…
その後、テキストを使って私はPHPをメインに勉強をしました。

―― 独習もありましたね。

神谷:はい。その時に『自分で考える力』そして『調べる力』をつけるようにと教えていただきました。自分で調べてわからないところは、先輩たちに相談するなどして解決していきました!

どのような業務をしていますか?

―― 改めて、新卒からもう5年目ですね!早いですね。

神谷:はい、いつの間にかです。

―― 入社してすぐのお仕事についてと、現在の業務について教えて下さい。

神谷:私は現場に入って先輩と二人で同じお仕事をしていました。当時の開発担当は二人だけ。
その頃はまだそこまで忙しくなかったので、最初はサイトの仕組みを勉強するための意味もあってテストをメインに担当していました。

―― OJT研修という形でしたね。

神谷:そうです。仕様書を整えるなど、サイトの構造の理解から始めました。
なので、プログラミングは、2.3ヶ月後くらいから実際に改修作業をした感じでした。
初めはしっかり内容を理解してから、プログラミングは簡単な箇所から少しずつちょっとした改修など…という具合です。
徐々に設計とかを任せてもらえるようになってきた頃に、実際に自分が作った設計書を先輩に事前にレビューをしてもらいました。
『ここのこういう視点は』とか『ここはこうした方がいいよ、なぜなら…』とフィールドバックをしてもらい、徐々に設計のレベルを上げていきました。

―― 現在の業務はどのようなことを担当していますか?

神谷:今はPHPとVBAを使いながら現場でプログラミングをしています。ショッピングサイトの開発と改修をしています。お客様の目に触れる表側もですが、裏側の社内で利用するツールや商品データのバッチだったり裏側を作ることが最近多いです。以前は裏側だけでしたが、少し表側のこともやれているので面白いです。

色々な勉強をしているようですが・・・

―― 業務ではPHPがメインのようですが、他にはなにか勉強されていますか?

神谷:JAVAを勉強しています。今は少しお休みしていますが(笑)後輩がJAVAをやっているので、私も答えられるくらいには勉強をしておかないとな、と思っています。
JAVAを選んだ理由としては、PHPと違ってコンパイルが必要なんです。少し違う言語を覚えたいな、と思ったのがキッカケです。

―― なぜ新しい言語を勉強してみようと思ったんですか?

神谷:一番初めにプログラミングをした時に「面白い!」と思ったこともあります。そして、新しいことを知るのが好きなので、「他の言語ではどうやったら動くんだろう?」とかをちょっと見てみたいな、と思ったんです。
余裕があったらC#もやってみたいな、と思っています。福島君がやっていて面白そうだったので・・・

―― 確かに、神谷さん昨年研修している福島君をのぞき込んでましたね(笑)
ところで、先日、部署でLPのようなことをしたとお聞きしました。

神谷:そうです!お題があって「この要件を満たすモノをみんなで作ろう」というモノでした。時間制限があって、「1つ作ってみよう!」という感じで・・・使った言語は、JAVAで、、

―― JAVAで作れました?

神谷:はい!何とか、要件を満たすものは、ただその先の効率とかは全然見れなくて今度はそこまで作れたらいいな、と思っています。

―― 何となく聞いていたのですが、社内システムのWEBPUSH機能についてなのですが・・・

神谷:もうリリースができるところまでは出来ているんですが、他のメンバーと予定を合わせて実施する予定です。実際の業務で担当していたのでその時の知識をフルに使って作りました!

―― すごい!早速、経験が役に立っていますね!

『こんな人と働きたい!』とか、新しく入る方はどんな方がいいでしょうか?

神谷:仕事を楽しんでできる人と仕事したいな、と思います。やっぱりネガティブな人とはあまり仕事をしたくないかな、と思います。
どうしても自分が引きずられちゃいそうなので、どうせ引きずってくれるなら明るい気持ちでやっている人がいいかなって思います。

―― 入社する方にメッセージがあれば・・・

神谷:「一緒に楽しくお仕事しましょう」

―― 神谷さんにとっては「楽しい」がキーワードですね。

神谷:はい、そうですね!

では、最後にクラヴィスを褒めて下さい!

神谷:楽しみながら意欲的に仕事をしている人が多くてそんな雰囲気が私は大好きです。

―― ありがとうございました!一緒に楽しんでいきましょうね!


いつも一生懸命で素直な神谷さん。新卒で入社してからあっという間ですね、と先日もお話ししたばかり!
先輩になっても、アドバイスを素直に自分の中に取り入れながら、それでいてしっかりと考えて行動に移せる姿は誰から見てもお手本です。

生粋のクラヴィスっ子の彼女がこれからどんなエンジニアになっていくのかが、とても楽しみです。
そして、クラヴィスに入社した人はきっと彼女から、初めてまたは改めて勉強させてもらえることがあると思います。