Interview with Young Engineer

新卒のメンバーはクラヴィスのことをどう感じているか?
研修のことから、先輩たちのことまで、新卒ならではの視点で話を聞かせてくれました。


自己紹介とクラヴィスとの出会いについて聞かせて下さい。

―― 簡単な自己紹介をお願い致します。(詳しくは新卒ブログをご覧ください)

櫻井:クラヴィスの新卒入社の櫻井です。
趣味は映画を見たり、テレビを見たり、カラオケに行ったり。
文系の大学に進んで、理数系の科目とは縁のない生活を送っていたのですが、モノづくりに興味を持ってそこからプログラミング、エンジニアの道に進むことに決めました。

―― 本当にずっと文系だったのですね!就職活動の時に他に見ていた職種や業種はありますか??

櫻井:私は、サークルが映像系だったのですが、就職活動では、その方面は全く見ていませんでした。

―― 趣味のままにしておきたい、という感じでしょうか?

櫻井:マスコミや映像系の会社にお勤めの先輩からお話を聞いたりしたのですが、ちょっと働くとなると違うのかな、と思ったので。


―― ありがとうございます。では、クラヴィスとの出会いを教えてください。

櫻井:クラヴィスを知ったキッカケは、ナビサイトで検索していて「面白そうな会社だな」、と思って会社説明会に参加したのがきっかけです。

―― それは、嬉しいです!(面白そうと感じたのは)記事の内容とかでしょうか?

櫻井:そうですね。みなさんで和気あいあいとしている写真があったり。
あとは、休みが多いとか、そういうところだけではなく、『人を育てる』という点をしっかりと打ち出している記事だったので、それはいいなと興味を持ちました。

―― しっかり見てくれてありがとうございます!櫻井さんは他社様のお話もお聞きになっていましたよね。

櫻井:はい。就職活動の最後の方はシステムエンジニア職に絞って探していました。
もともと「モノづくり」だったり、「何かを考えながらモノを作っていく」ということが好きだったので、
初めは単純に物を作りたいということでメーカーを見たりとかしていたんですが、ちょっとこう物質的なものをつくるということと、そことは違うかな、と思って、
「考えながら組み立てていく」というようなことをやりたいなと思ったので、エンジニア職を志望して探しました。

―― モノをつくる、という観点とクラヴィスの考え方とが重なって櫻井さんとのご縁になった感じですね!ありがとうございます。では次の質問へ…

クラヴィスの先輩達についてのイメージを教えて下さい。

櫻井:「どんな方」というのは・・・みなさん優しいな、ということはあるのですが、一言でこんな方というのはちょっと表現しにくいです…
本当に色々な方がいらっしゃるな、と思っています。「やさしくて勉強熱心な方」とか。

―― そうなんですね。面白い人も多いですもんね(笑)では新卒の先輩はどんな感じでしょうか?

櫻井:特に新卒の先輩ということを意識して特別に接していることはないですが、年が近いこともあるのでそういった面では話しやすいかな、って思っています。
でも皆さん月例会などで話し掛けてくださるので、特にこの人、ということは・・・・

―― 特にない、かな??(笑)

櫻井:特にないっていうのも何だか、アレですよね(笑)

―― 大丈夫です(笑)「この人何やっているのかな?」って思う人とかはいますか?

櫻井:R&Dの方たちは、帰社してカタカタされているので何をやっているのかな?って思っています。

―― 何か作っているみたいですね。

櫻井:そうなのですね。

―― R&Dチームは会議も秘密主義なところがありますからね!発表をお楽しみに!です。

櫻井:そうですね。どんなモノなのか、楽しみにしています。

今後についてはどんな風になりたいですか?(今後のビジョンなど)

櫻井:どんな・・・いろいろなことを経験してから、自分のやりたいことが定まっていくと思っているので、特にこれというのはまだないです。
ただもともとエンジニアに興味を持ったのも、「考えながらモノをつくるのが好きだった」ということもありましたが、「何か人の役に立つモノをつくりたい」という思いも
あったので経験を積んでいって上流工程にも携ってお客様の要望を聞いたりとか、そういったことに今は興味を持っています。

――「人の役に立つモノをつくりたい」ということは面接の時から話してくださっていましたね。

櫻井:やりがいということを考えた時に「自分」の中で完結してしまうよりも人に出会ったり、多くの人にみたいな部分が(大切に)なってくるかと思って。
もちろん、自分でこれだけのモノを作れた!ということもやりがいになっていくとは思うのですが、それプラスで「誰かの役に立つものをつくっていけたら」と思っています。

自分のことを技術特化型だと思いますか?

―― まだ研修中なので、はっきりとはわからないと思いますが、先ほど、上流工程の話をされていましたよね。

櫻井:そうですね。技術的なことも上流工程をメインに携わる業務のようなことも、どちらも入ってしまえば、どちらの方向性でも好きなことかな、とも思っています。
ただ・・・難しいですね。今まで、お仕事ではないですが、サークルや部活だったりで、何かに特化してということもありましたし、そうではなくて全体を見てということもありました。
色々かな、と思います。

―― 色々型、って感じでしょうか?

櫻井:どちらでも対応できるようになれればいいな、と思います。

話が少し戻りますが、クラヴィスに入社を決めてくれた理由を教えて下さい。

―― 他社様からもお話を頂いていた状態で、クラヴィスに決めてくれた理由やキッカケを教えて下さい。

櫻井:面接の時にしっかりお話を私も出来ましたし、「今、会社がこうゆう状態で今後こんなことをやっていきたい」ということも含めて、納得のいくような説明があったというか。
私も面接で自分の言いたいことが話せたと思いますし、私が聞きたかったこともすごく丁寧にお話ししてくださって、そして、あとは社員の方とお話をさせていただいたときに、すごく雰囲気も和やかでここだったら馴染めそうかなと思ったからです。

―― ありがとうございます!
研修中の忙しい最中に、インタビューのお時間をいただきありがとうございました!

新卒メンバーも先輩達の楽しんでいる姿を見て一緒に前に向かっています。

新卒の後輩が出来ることで、先輩達はしっかりしなければと身が引き締まる反面、
素直で一生懸命な姿勢に色々と学ぶことが多いです。

下のメンバーからも刺激を受けつつ、社会人としてみんな一緒に成長していっています。